« ディアナ・ヴィシニョーワの「ボレロ」@マリインスキー新劇場? | トップページ | 天海祐希 軽い心筋梗塞で入院 »

2013年5月 7日 (火)

英国ロイヤル・バレエ団 2013年日本公演 「ロイヤル・ガラ」の概要

演目のみ発表されました。

「ラ・ヴァルス」
振付:フレデリック・アシュトン/音楽:モーリス・ラヴェル

「温室にて」
振付:アラステア・マリオット/音楽:リヒャルト・ワーグナー

「コンチェルト」
振付:ケネス・マクミラン/音楽:ドミートリ―・ショスタコヴィッチ

「うたかたの恋」
振付:ケネス・マクミラン/音楽:フランツ・リスト

「宝石のパ・ド・ドゥ」
振付:リアム・スカーレット/音楽:アレクサンドル・グラズノフ

「雨の後に」
振付:クリストファー・ウィールドン/音楽:アルヴォ・ペール

「ドン・キホーテ」 第3幕よりパ・ド・ドゥ
振付:マリウス・プティパ/音楽:ルートヴィク・ミンクス

「白鳥の湖」 パ・ド・カトル
振付:フレデリック・アシュトン/音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー

「アゴン」 パ・ド・ドゥ
振付:ジョージ・バランシン/音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー

「クオリア」
振付:ウェイン・マクレガー/音楽:スキャナー

「眠れる森の美女」 目覚めのパ・ド・ドゥ
振付:フレデリック・アシュトン/音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー

「春の声」
振付:フレデリック・アシュトン/音楽:ヨハン・シュトラウスⅡ世

「シンフォニー・イン・C」 最終楽章
振付:ジョージ・バランシン/音楽:ジョルジュ・ビゼー

いや~、魅力的なプログラムですね。マクミラン、アシュトン、ウィールドンといった大御所
の作品はもちろんのこと、ロイヤルのダンサーから振付家に転進した(← だったと思う)
リアム・スカーレットの作品も楽しみです。
配役の発表はまだ先のようですが、誰が何を踊るのか、こちらも楽しみです。

NBSのお知らせはこちらです。
http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/1307-royal/2013-5.html#001722

« ディアナ・ヴィシニョーワの「ボレロ」@マリインスキー新劇場? | トップページ | 天海祐希 軽い心筋梗塞で入院 »

バレエ鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ディアナ・ヴィシニョーワの「ボレロ」@マリインスキー新劇場? | トップページ | 天海祐希 軽い心筋梗塞で入院 »