« 英国ロイヤル・バレエ団 2013年日本公演 「白鳥の湖」 7/13 昼 | トップページ | アリーナ・コジョカル イングリッシュ・ナショナル・バレエに入団 »

2013年7月14日 (日)

ボリショイ・バレエ 「オネーギン」 初日の映像

スミルノワ&ラントラートフが主演した「オネーギン」初日の映像が例のサイトにいくつかアッ
プされています。ダンソマニさんに全編の映像がリンクされていたので、1幕と3幕だけ夕べ
見たのですが、とってもすばらしいです。
映像を見る限り、ラントラートフをファーストキャストにしたくてこういう日毎キャストになったの
では、と思うほどラントラートフ@オネーギンは踊りも演技も優れています。あの「スペインボ
ーイズ」がここまで成長するとは。スミルノワはやっぱり眉毛が怖くて1幕はあまり可憐な少女
の感じはしませんでしたが、3幕の「手紙のパ・ド・ドゥ」ではオネーギンと夫への気持ちの板
ばさみになって激しく葛藤する様子や、オネーギンを去らせた後の慟哭の表現がとても優れ
ていて、見直しました。チュージンはレンスキーに役替えになって正解ですね。オリガ役のテ
ィホミロワもオリガにぴったりです。
残念ながらダンソマニさんにリンクされていた映像はアクセスできなくなっていますが、断片
的に例のサイトに映像がありますので、探してみてください。
ボリショイ・バレエは来年12月に日本公演を予定していて、今のところ演目は「白鳥の湖」「ド
ン・キホーテ」「ラ・バヤデール」のようですが、「オネーギン」にチェンジしてもらえないでしょう
か。JAさん、ご検討をお願いします。

« 英国ロイヤル・バレエ団 2013年日本公演 「白鳥の湖」 7/13 昼 | トップページ | アリーナ・コジョカル イングリッシュ・ナショナル・バレエに入団 »

バレエ鑑賞」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
ラントラートフ、濃い演技で本当に素晴らしいですね!スミルノワも読書家の少女から気品のある夫人への成長ぶりがぴったりです。チュージンのレンスキーはかなりはまり役ですし、チホミロワの無邪気な感じがとっても良いです。

ボリショイのオネーギン、機会があれば私も日本でぜひ上演して欲しいです。

mikiさん初めまして。コメントありがとうございます。
ラントラートフはまだ若さが前面に出ていて、3幕はちょっと渋さが足りないかなと
思いましたが、「鏡のパ・ド・ドゥ」のセクシーさにクラクラしました。
「マラーホフの贈り物」では仏頂面に見えたスミルノワの演技力にもびっくりです。
ぜひ日本でも「オネーギン」を上演してほしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 英国ロイヤル・バレエ団 2013年日本公演 「白鳥の湖」 7/13 昼 | トップページ | アリーナ・コジョカル イングリッシュ・ナショナル・バレエに入団 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ