« 英国ロイヤル・バレエ団 2013年日本公演 「ロイヤル・ガラ」のキャスト発表 | トップページ | 「ディアナ・ヴィシニョーワ 華麗なる世界」 出演者、演目の変更 »

2013年7月 5日 (金)

ボリショイ・バレエ スヴェトラーナ・ザハロワ 「オネーギン」の降板理由

ザハロワさんが「オネーギン」を降板したことはあちこちで話題になっていますが、こんな記事
を見つけました。
http://www.globalpost.com/dispatch/news/afp/130704/bolshoi-ballerina-quits-pushkin-production-protest

この記事によると、ザハロワさんは「オネーギン」初日にキャスティングされなかったことにご
立腹し、「オネーギン」への出演を拒否した、となっています。
広報担当のノーヴィコワさんは、「彼女は劇場にもいないし、電話にも出ない。彼女がボリショ
イ・バレエを辞めるのかどうかについてはコメントできないが、ロンドン公演には参加する。」
と答えています。
もし本当に初日にキャスティングされなかったことを理由に降板したのだとしたら、プロ意識
に欠ける、の一言です。それともキャスティングに何かアンフェアなことがあり、そのことに抗
議しているのでしょうか。
ザハロワさんの「タチヤーナ」を見たくて高いチケットを買った人は大勢いるはずです。今すぐ
は無理なのかもしれませんが、いずれはきちんと降板の理由を説明してほしいと思います。
それがザハロワさんの義務と責任だと思います。

« 英国ロイヤル・バレエ団 2013年日本公演 「ロイヤル・ガラ」のキャスト発表 | トップページ | 「ディアナ・ヴィシニョーワ 華麗なる世界」 出演者、演目の変更 »

バレエ鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 英国ロイヤル・バレエ団 2013年日本公演 「ロイヤル・ガラ」のキャスト発表 | トップページ | 「ディアナ・ヴィシニョーワ 華麗なる世界」 出演者、演目の変更 »