« アリーナ・コジョカル イングリッシュ・ナショナル・バレエに入団 | トップページ | 英国ロイヤル・バレエ スティーヴン・マックレーがバレエまんがのヒーローに!! »

2013年7月21日 (日)

英国ロイヤル・バレエ団 2013年日本公演 「ロイヤル・ガラ」

猛暑で蒸発した脳みそとともに記憶もかなり蒸発していますが、とりあえずご報告。

2013年7月10日 東京文化会館

指揮者:ボリス・グルージン、ドミニク・グリア
オーケストラ: 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

「ラ・ヴァルス」
振付:フレデリック・アシュトン 音楽:モーリス・ラヴェル
小林ひかる、平野亮一、
ヘレン・クロウフォード ブライアン・マロニー、
ローラ・マカロック ヨハネス・ステパネク

打楽器の大きな音が随所に散りばめられたかなり異色のワルツに合わせて踊られる、か
なり激しい作品でした。プログラムによると作曲者のラヴェルはこの曲について「渦巻く雲
の向こうにワルツを踊る何組かの人の姿がはっきり見える。しだいに雲は晴れていき、や
がて旋回する人々でいっぱいの大広間が見えてくる。」と述べたそうですが、群舞が激しく
旋回する、まさにそんな感じの作品でした。

「コンチェルト」第2楽章
振付:ケネス・マクミラン 音楽:ドミートリ―・ショスタコーヴィチ
メリッサ・ハミルトン ルパート・ペネファーザー
ピアノ:ケイト・シップウェイ

マクミランがバーレッスンから着想を得たということですが、男性ダンサーがバーの役割を
する叙情的で美しい作品でした。あ~ら、ペネファーザーさん素敵、と思いながら見ていた
のですが、サポート中心だったのであまり彼の見せ場がなかったのが残念でした。ハミル
トンはまだソリストのようですが、美しいプロポーションと正確なムーブメントで、これから頭
角を現してくるかも、と思いました。

「クオリア」
振付:ウェイン・マクレガー 音楽:スキャナー
リャーン・ベンジャミン エドワード・ワトソン

これはめちゃめちゃカッコよかったです。ビートサウンドに振りを乗せるいつものマクレガ
ー作品なんですが、2人の緩急の付け方がとてもスリリングでした。

「アゴン」パ・ド・ドゥ
振付:ジョージ・バランシン 音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー
ゼナイダ・ヤノウスキー カルロス・アコスタ

「ハートの女王」で強烈な印象を残したヤノウスキーですが、美しいラインとムーブメントで
クールかつホットに踊っていました。アコスタはあまり印象に残りませんでした。

「雨の後に」
振付:クリストファー・ウィールドン/音楽:アルヴォ・ペルト
マリアネラ・ヌニェス ティアゴ・ソアレス
ヴァイオリン:高木和弘
ピアノ:ロバート・クラーク

ちょっと長いな、と思ったのですが、雨がやみ、雲が切れて太陽が顔を出す雨上がりの様
子をこの2人がとても叙情的に表現していました。

「ドン・キホーテ」第3幕よりパ・ド・ドゥ
振付:マリウス・プティパ 音楽:ルートヴィク・ミンクス
ロベルタ・マルケス スティーヴン・マックレー

無事に「白鳥」に出演しましたが、マルケスはここで脚を痛めているんですよね。何か事情
があるのかもしれませんが、バレエダンサーとしてはオーバーウェイトだと思います。もと
もとはテクニックがあるのですが、やはり美しく見えませんでした。マックレーはとても体の
切れがよく、美しいジャンプとピルエットで魅了してくれました。ピルエットしながら床ぎりぎ
りまで降ろした脚をまたパッセに持ってきてピルエットを続ける、なんていう技も披露してく
れました。

「うたかたの恋」第3幕より
振付:ケネス・マクミラン 音楽:フランツ・リスト
アリーナ・コジョカル ヨハン・コボー リカルド・セルヴェラ

ルドルフがマリーを殺して自分も自殺する一番最後の場面でしたが、「ロイヤル・ガラ」で
はなく、「うたかたの恋 全幕」を見に来ていると錯覚させられるほど物語の世界に引き込
んでくれました。やはりコボーさんの本領が発揮されるのはドラマティック・バレエですね。
もう1回この2人が主役の全幕物を見たいのですが、チャンスはあるでしょうか。

「白鳥の湖」パ・ド・カトル
振付:フレデリック・アシュトン 音楽:P. I. チャイコフスキー
エマ・マグワイア 高田茜
ダヴィッド・チェンツェミエック ヴァレンティノ・ズケッティ

初めてみる高田茜さんはちょっと首の角度の付け方に癖があるかな、と思いましたが、し
っかりとしたテクニックで端正に踊っていました。

「温室にて」
振付:アラステア・マリオット 音楽:リヒャルト・ワーグナー
サラ・ラム スティーヴン・マックレー
メゾ・ソプラノ: マリア・ジョーンズ

マティルデ・ヴェーゼンドンクの詩をメゾ・ソプラノのジョーンズさんが歌う後ろでラムとマッ
クレーが踊る、という作品でしたが、このジョーンズさんが華のある美しい人で、ラムとマッ
クレーはまるで「伴奏」のようでしたが、2人とも美しく端正に踊っていました。

「春の声」
振付:フレデリック・アシュトン 音楽:ヨハン・シュトラウスⅡ世
崔由姫 アレクサンダー・キャンベル

崔さんは初めて見たのですが、とても華やかな踊りをする人ですね。キャンベルとの息も
合っていて良かったと思います

「眠れる森の美女」目覚めのパ・ド・ドゥ
振付:フレデリック・アシュトン/音楽::P. I. チャイコフスキー
金子扶生 ニーアマイア・キッシュ

使われた曲は間奏曲で、ヌレエフ版「眠れる森の美女」ではデジレ王子のソロに使われて
います。まさに「目覚めのパ・ド・ドゥ」という感じの初々しい作品でした。

「ジュビリー・パ・ド・ドゥ」
振付:リアム・スカーレット 音楽:アレクサンドル・グラズノフ
ラウラ・モレーラ フェデリコ・ボネッリ

古典のテクニックをたっぷり使った優雅なパ・ド・ドゥで、モレーラとボネッリはとても華やか
に踊っていました。

「マノン」寝室のパ・ド・ドゥ
振付:ケネス・マクミラン 音楽:ジュール・マスネ、編曲:レイトン・ルーカス
リャーン・ベンジャミン カルロス・アコスタ

ベンジャミンは確か今シーズンで引退を表明していたと思いますが、まったく年齢を感じさ
せない踊りを見せてくれました。残念ですがやはりアコスタは印象に残りませんでした。

「シンフォニー・イン・C」最終楽章
振付:ジョージ・バランシン 音楽:ジョルジュ・ビゼー
サラ・ラム ヴァレリー・ヒリストフ
マリアネラ・ヌニェス ティアゴ・ソアレス
崔由姫 アレクサンダー・キャンベル
イツァール・メンディザバル リカルド・セルヴェラ

比較的長身のダンサーたちが繰り広げる群舞は圧巻でした。

今回のガラは全幕のパ・ド・ドゥやなかなか日本では見られない比較的新しい小作品がバ
ランスよくミックスされていて、とても見ごたえがありました。今まではこの手のガラというと
JAさんの専売特許のような感じでしたが、今後も企画してくれることを希望します。

« アリーナ・コジョカル イングリッシュ・ナショナル・バレエに入団 | トップページ | 英国ロイヤル・バレエ スティーヴン・マックレーがバレエまんがのヒーローに!! »

バレエ鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アリーナ・コジョカル イングリッシュ・ナショナル・バレエに入団 | トップページ | 英国ロイヤル・バレエ スティーヴン・マックレーがバレエまんがのヒーローに!! »