« パリ・オペラ座バレエ ステファン・ビュヨンのインタビュー | トップページ | ボリショイ・バレエ エフゲーニャ・オブラスツォーワ ご結婚です »

2014年4月30日 (水)

「エトワール・ガラ 2014」 演目の変更

Bプロの演目に変更があり、バンジャマン・ペッシュが踊る予定のマランダン版「牧神の午後」
がニジンスキー版の「牧神の午後」に、デヴィッド・ドーソン振付の「Opus.11」がパリ・オペラ座
バレエのスジェ、セバスチャン・ベルトー振付の「逃げ去る女」に変更となるそうです。
http://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/14_gala/topics/index.html

もちろん大歓迎ですが、ペッシュくん、自らへのハードルを上げてきましたね。イザベル・シア
ラヴォラとともに、大先輩であるマリ=クロード・ピエトラガラ&シャルル・ジュドに匹敵する「牧
神の午後」を見せてもらえればと思います。

参考までにピエトラガラ&ジュドの「牧神」を貼っておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=4GBrcetDuZQ

« パリ・オペラ座バレエ ステファン・ビュヨンのインタビュー | トップページ | ボリショイ・バレエ エフゲーニャ・オブラスツォーワ ご結婚です »

バレエ鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パリ・オペラ座バレエ ステファン・ビュヨンのインタビュー | トップページ | ボリショイ・バレエ エフゲーニャ・オブラスツォーワ ご結婚です »