« マチアス・エイマン 「エトワール・ガラ 2014」を降板 代わりにフリーデマン・フォーゲルが出演 | トップページ | ウラディーミル・マラーホフのフェアウェル公演 »

2014年6月13日 (金)

国立新美術館 「魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展」

6月18日から9月1日まで、東京・六本木の国立新美術館で 「魅惑のコスチューム:バレエ・
リュス展」が開催されるそうです。
http://www.nact.jp/exhibition_special/2014/Ballets_Russes/index.html

オーストラリア国立美術館所蔵の衣装や資料の展示、様々なイベントも行われます。
何でオーストラリアの美術館がバレエ・リュスの資料をこんなに持っているのだろうか、と思わ
れる方もいらっしゃると思いますが、バレエ・リュス解散後に作られた「バレエ・リュス・ド・モン
テカルロ」で活躍したダンサーが「オーストラリア・バレエ」の基礎を築いたのだそうです。
そういえば2010年にオーストラリア・バレエが日本で上演したグレアム・マーフィー版の「くる
み割り人形」にはこのへんの歴史が織り込まれていましたね。
2か月以上会期がありますので、ぜひ見に行きたいと思います。

« マチアス・エイマン 「エトワール・ガラ 2014」を降板 代わりにフリーデマン・フォーゲルが出演 | トップページ | ウラディーミル・マラーホフのフェアウェル公演 »

バレエ鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マチアス・エイマン 「エトワール・ガラ 2014」を降板 代わりにフリーデマン・フォーゲルが出演 | トップページ | ウラディーミル・マラーホフのフェアウェル公演 »