« シルヴィ・ギエム ファイナル 横浜公演決定 | トップページ | バレエ・アステラス☆2015 »

2015年7月13日 (月)

スヴェトラーナ・ルンキナ&デヴィッド・ホールバーグ 第14回世界バレエフェスティバルを降板

やっぱりそうですか。

昨年の怪我から舞台復帰が待たれていたデヴィッド・ホールバーグは、この夏の世界バレエ
フェスティバル出演に目標を定めて調整に努めてまいりました。しかし7月初旬の段階で舞台
に復帰できるまでに至らず、出演を断念せざるを得ないという連絡が入りました。ホールバー
グからは、「このたびのことは大変残念に思っており、東京のファンの皆様とお目にかかれる
またの機会を楽しみにしております」とのメッセージが届いております。またホールバーグの
降板に伴って、相手役のスヴェトラーナ・ルンキナも出演いたしません。ホールバーグ、ルン
キナの出演を楽しみにしていた方々には深くお詫び申し上げます。なにとぞご了承のほどお
願いいたします。

ケガが治っていないのですから仕方がありませんが、残念です。せめてルンちゃんだけでも
出てほしかったのですが、そういうわけにもいかないようですね。
この2人の降板に伴って新たに出演する人がいるのかどうかわかりませんが、いずれにして
も観客も出演者も大満足のバレフェスになることを期待しています。

NBSのお知らせはこちらです。
http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/topmenu/post-554.html

« シルヴィ・ギエム ファイナル 横浜公演決定 | トップページ | バレエ・アステラス☆2015 »

バレエ鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルヴィ・ギエム ファイナル 横浜公演決定 | トップページ | バレエ・アステラス☆2015 »