« パリ・オペラ座バレエ 2017年日本公演の概要、キャスト | トップページ | 東京バレエ団 「ウィンター・ガラ」 「パリ・オペラ座バレエ2017年日本公演」のサイト »

2016年9月23日 (金)

バデネス&サラファーノフ主演 ミラノ・スカラ座バレエ 「ドン・キホーテ」 9/22

バデネスさん、大健闘でした。

2016年9月22日 東京文化会館

主な配役
キトリ        エリサ・バデネス
バジル        レオニード・サラファーノフ
ドン・キホーテ   ジュゼッペ・コンテ
ドリアードの女王 ニコレッタ・マンニ
エスパーダ     マルコ・アゴスティーノ

バデネスはサラファーノフと組むのも、ヌレエフ版「ドン・キ」を踊るのも初めてだと思うので
すが、全く迷いも力みもない伸びやかできびきびとした軽やかな踊り、陽気でおきゃんなキ
トリを自然に嫌味なく演じ、もう代役以上の働きでした。特にすごいなあと思ったのが、サラ
ファーノフへの信頼感で、リフトでもサポート受ける時もサラファーノフを信じて余計な力が
入ってないので、本当に美しく滑らかなパ・ド・ドゥで、シュツットガルト・バレエの先輩、マリ
ア・アイシュヴァルトさまを思い出しました。この人は今後シュツットガルト・バレエの顔にな
りますね。
オレリー・デュポン芸術監督さん、キトリ役が足りなくなったときはこの人を呼ぶといいです
よ。
サラファーノフのドン・キ全幕を見たのは今回が初めてで、はっちゃけているガラのバジル
と比べると大人のバジルで、少々物足りなさを感じましたが、それでもヌレエフ版の難しい
振りを見事に踊りこなし、さすがでした。ただ一幕の片手リフトはあまり高さがなく、あの片
手リフトがもっと高い位置で決まれば言うことなしでした。
と、主役の2人には満足したのですが、何となく舞台の進行が遅く、密度の低い公演になっ
てしまったのが残念でした。
簡単ですが、取りあえずご報告。

« パリ・オペラ座バレエ 2017年日本公演の概要、キャスト | トップページ | 東京バレエ団 「ウィンター・ガラ」 「パリ・オペラ座バレエ2017年日本公演」のサイト »

バレエ鑑賞」カテゴリの記事

コメント

私もこの公演見に行きました。
本当にバデネスは伸び伸びと踊って楽しい舞台でした。サラファーノフはちょっとお疲れかなぁとおもったのはやはりリフトの時。でもヌレエフ版を踊るサラファーノフを見れるなんて嬉しくてちょっとウルウルしちゃいました。
音楽はスロー過ぎてバデネスが踊りにくそうな場面があってヒヤヒヤしましたが、、、。
明日、明後日とまた見に行きます。3組のペアのステージの雰囲気の違いを楽しんできます。

星に願いをさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
バデネスは本当に伸び伸びと踊っていましたね。
サラファーフはやっぱりお疲れだったんですかね。
表情がちょっと固かったのが気になりました。
全キャスト制覇なんてうらやましいです。
楽しんできてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パリ・オペラ座バレエ 2017年日本公演の概要、キャスト | トップページ | 東京バレエ団 「ウィンター・ガラ」 「パリ・オペラ座バレエ2017年日本公演」のサイト »