« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月29日 (土)

「第28回バレエの祭典」の概要発表

以下の通りです。

1.2017年11月15日(月)~26日(金)
  モーリス・ラヴェル・バレエ団
  Aプロ「魔笛」 Bプロ「ボレロ」「ピアフ」「アニマ・ブルース」「兄弟」

2.2018年2月
  ハンブルク・バレエ団 「椿姫」「ニジンスキー」

3.2018年4月
  「セレナーデ」東京バレエ団初演+「真夏の夜の夢」

4.2018年5月
  バーミンガム・ロイヤル・バレエ団 「眠れる森の美女」「リーズの結婚」

5.2018年8月
  世界バレエフェスティバル Aプロ Bプロ

6.2018年11月
  シュツットガルト・バレエ団 「オネーギン」「白鳥の湖」

バレエ・ロイヤルシート会員 472,000円
S席会員             222,000円
A席会員              196,000円
B席会員             170,000円

だそうです。そうか、もう来年はバレフェスの年なのですね。何だかんだ言いながらまた会
員になってしまいそうな気がします。

詳しくはこちらをどうぞ。
http://www.nbs.or.jp/stages/2017/saiten/index.html

2017年4月26日 (水)

マニュエル・ルグリ 「伝説のダンサーが熱血指導」

8月の公演プロモーションのために来日したルグリ先生がダンサーの卵たちを指導している
様子が公開されています。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00356251.html

変わらず「アディダス・ジャージ」をお召しになって大汗をかいています。
イザベル・ゲラン先生と「アルルの女」も上演するこの公演に大いに期待しています。

2017年4月23日 (日)

「トランス=シベリア芸術祭 in Japan 2017」 開催決定

スヴェトラーナ・ザハロワ&ワディム・レーピン夫妻が出演し、大好評だったらしい「トランス=
シベリア芸術祭」が今年も9月26、27、29日に渋谷のBunkamuraオーチャードホールで開
催されるそうです。
http://www.bunkamura.co.jp/topics/orchard/2017/04/_in_japan_2017.html

また平日か~、というところですが、19:00開演なら行かれるかな。

2017年4月16日 (日)

赤坂大歌舞伎 「夢幻恋双紙 赤目の転生」(ネタバレ御免)

切ないお話でした。

2017年4月15日 17:00 赤坂ACTシアター

作・演出 蓬莱龍太

主な出演

太郎   中村勘九郎
歌     中村七之助
剛太   市川猿弥
静     中村鶴松
末吉   中村いてう
源乃助  中村亀鶴
善次郎  中村亀蔵

絵巻物のように右から左に流れていく物語ではなく、重層的というか、螺旋を描きながら底
知れず続いていく物語の中に描かれた、向き合いながらすれ違い、かみ合わない人の心、
思い、自分を犠牲にするしかない愛の形にしばらく打ちのめされました。
今回も七之助を目当てに出かけてたのですが、彼は本当にすごい。ちょっとした所作、醸し
出す雰囲気、たった一言のセリフで人の心の陰影をあらわす彼の役者としての力量に今回
もひれ伏したい気持ちでした。私が見逃しているだけかもしれませんが、現代劇に出ない
のは何でなんだろう。

他の記事にも書きましたが、やっぱり型を極めている人はすごい。
多くの傑出したバレエダンサーが第一線を退く時期を迎えているにもかかわらず、彼らが
磨き上げた美と表現を受け継ぐ若手ダンサーがあまり見当たらない昨今のバレエ界にいさ
さか失望し始めているあずきくりーむですが、もしかしたらこのブログは2年後くらいに「歌
舞伎ブログ」になっているかもしれません。まあいいよね。


« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ