« パリ・オペラ座バレエ 2017年日本公演 「グラン・ガラ」 3/9 | トップページ | 「トランス=シベリア芸術祭 in Japan 2017」 開催決定 »

2017年4月16日 (日)

赤坂大歌舞伎 「夢幻恋双紙 赤目の転生」(ネタバレ御免)

切ないお話でした。

2017年4月15日 17:00 赤坂ACTシアター

作・演出 蓬莱龍太

主な出演

太郎   中村勘九郎
歌     中村七之助
剛太   市川猿弥
静     中村鶴松
末吉   中村いてう
源乃助  中村亀鶴
善次郎  中村亀蔵

絵巻物のように右から左に流れていく物語ではなく、重層的というか、螺旋を描きながら底
知れず続いていく物語の中に描かれた、向き合いながらすれ違い、かみ合わない人の心、
思い、自分を犠牲にするしかない愛の形にしばらく打ちのめされました。
今回も七之助を目当てに出かけてたのですが、彼は本当にすごい。ちょっとした所作、醸し
出す雰囲気、たった一言のセリフで人の心の陰影をあらわす彼の役者としての力量に今回
もひれ伏したい気持ちでした。私が見逃しているだけかもしれませんが、現代劇に出ない
のは何でなんだろう。

他の記事にも書きましたが、やっぱり型を極めている人はすごい。
多くの傑出したバレエダンサーが第一線を退く時期を迎えているにもかかわらず、彼らが
磨き上げた美と表現を受け継ぐ若手ダンサーがあまり見当たらない昨今のバレエ界にいさ
さか失望し始めているあずきくりーむですが、もしかしたらこのブログは2年後くらいに「歌
舞伎ブログ」になっているかもしれません。まあいいよね。


« パリ・オペラ座バレエ 2017年日本公演 「グラン・ガラ」 3/9 | トップページ | 「トランス=シベリア芸術祭 in Japan 2017」 開催決定 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パリ・オペラ座バレエ 2017年日本公演 「グラン・ガラ」 3/9 | トップページ | 「トランス=シベリア芸術祭 in Japan 2017」 開催決定 »