« 「バレエ・スプリーム」 出演者変更 | トップページ | 朝日新聞 マニュエル・ルグリのインタビュー »

2017年7月16日 (日)

イングリッシュ・ナショナル・バレエ 2017年日本公演 「海賊」 7/16

余は満足じゃ~!でございました。

2017年7月16日 東京文化会館

主な配役
メドーラ:タマラ・ロホ
コンラッド:イサック・エルナンデス
ギュルナーラ:カーチャ・ハニュコワ
ランケデム:ジンハオ・チャン
アリ:セザール・コラレス
ビルバント:ヨナ・アコスタ
パシャ:マイケル・コールマン 

指揮:ギャヴィン・サザーランド
演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

7月8日の「コッペリア」では結構ミスが目立ったロホさんですが、今日はもう他のダンサー
との格の違いを見せつける圧倒的なオーラにキレキレの踊り、クラシックバレエの醍醐味
を存分に味合わせてくれました。さすがに5回転はありませんでしたが、3回転は余裕で回
り、しかも回転軸は全くぶれずに一直線上を進みながら舞台前方にせり出してくるフェッテ
は圧巻でした。芸術監督を務めながら一体どれだけの鍛錬を積んでいるのか、団員のみ
なさん、迷わずロホさんに付いていってください。

おとといの公演でプリンシパルに任命されたセザール・コラレスですが、高く美しいジャンプ
にもうあり得ないくらい高速のピルエットに客席はどよめきました。今後の活躍に期待しま
す。
こちらにENBがアップしている動画があります。
https://twitter.com/ENBallet/status/885831738865463297

いつの間にかオランダ国立バレエから移籍していたイサック・エルナンデスですが、もうもう
堂々たるプリンシパルですね。端正で切れのある踊りに女性ダンサーを引き立てるサポー
ト、役柄、情感の表現も適切で、ユルギータ・ドロニナも移籍してきたことですし、是非日本
でもドラマティック・バレエを見せてほしいと思います。

衣装は映画「バットマン」などの衣装を手掛けたボブ・リングウッドが手掛けたそうですが、
スモーキーだけど上品な鮮やかさがあるとても素敵な衣装で、豊かな気持ちになりまし
た。舞台装置も背景画も含めてとても細かいところまで丁寧に作ってあり、総合芸術はこう
あるべきというお手本のようでした。どのように資金を得ているのかわかりませんが、こん
なに素敵な作品ができるなら、クラウドファンディングに参加してみようかという気持ちにさ
せられました。

明日はマリア・コチェトコワ主演の「海賊」を見に行ってきます。

« 「バレエ・スプリーム」 出演者変更 | トップページ | 朝日新聞 マニュエル・ルグリのインタビュー »

バレエ鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「バレエ・スプリーム」 出演者変更 | トップページ | 朝日新聞 マニュエル・ルグリのインタビュー »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ